2018/9/23 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

本日、約2ヶ月ぶりにサーフ釣行に行ってきました。

 

こんなに空いたのは、地元静岡の海の状態が悪かった為。

台風やら大雨やらで、とても釣りができる状態ではありませんでした。

 

そういう訳で、最近の情報は当然少ないです。

取り敢えず無難に、一番近いポイントに行ってみました。

 

5時ちょっと前にポイント着。

浜に出ると満員御礼♪

 

何とか一人入れる場所を見つけてキャスト開始。

海はすっかり落ち着いていますが、白濁りが残っている。

 

始めは、シュールスライドソルトPCYPで攻めていましたが、更にはっきりした色彩のGBPRにチェンジ。

水深は多少あるので、アクションとしては縦方向に付けます。

 

具体的にはリフト&フォールで、マヅメ時の高活性の魚にアピール。

隣が近いので、可能な限りで扇形にキャストを繰り返します。

 

やがて隣の人が、小さいながらもタチウオを釣り上げました。

 

タチウオは群れで回るので、僕にもチャンスがあるか?

と期待しましたがサッパリ。

 

周りも全然釣れていません。

これは魚が居ないのか?

 

と思いましたが、多少ベイトが見え隠れてしています。

魚がいても、喰ってこない可能性がありますね。

 

やがて、すっかり明るくなると余りの渋さに帰る人が出てきます。

なのでようやく移動開始。

 

深い場所は厳しいか?

活性の高い魚が居ると思われる、シャローのポイントに向かいます。

 

すると、離岸流の横でキャストしていた人が移動した。

すかさず入ります。

 

ポイントの状況は、左側に沖に向かう離岸流。

正面にキャストしても、徐々に左に流されます。

 

水深はあっても1.5m位か?

 

魚が居るとしたら離岸の際。

そこを、シュールスライドソルトで攻めます。

 

先程のポイントと違って、水深がないので横の動きで誘うことにします。

 

具体的には、流れに乗せてのドリフト

河川でトラウトを狙う時に使う転がしですね。

 

この河川でトラウトを狙う転がし(ドリフト)は、よく使われる釣り方。

 

流れに直角、もしくはやや下流にルアーをキャストした後、沈ませて後はほとんど巻かず流れを横切らせる釣り方です。

ルアー動きは、回転しながらゆっくり弧を描きます。

 

ほんとにコレで釣れるの?

と言う釣り方ですが、コレが超効果的!

 

なんと言っても、低活性の魚に効きます

しかも、ルアーを派手に流さないので、魚に警戒心を持たせなくスレ難い。

 

この釣り方を、離岸流を利用して行います。

いくら流れているとは言え、河川ほどではないのでキャストして巻かないと着底してしまいます。

 

なので、底付きしない程度にゆっくり巻きます。

アクションはほぼ付けず、着底しそうになったら軽くあおる程度ですね。

 

すると、ルアーは流れに乗ってゆっくり弧を描きながら手前まで来ます。

恐らく水中では、回転しながらゆっくり漂う程度だと思います。

 

無理に派手なアクションを入れると、低活性の魚に警戒心を抱かせるでしょう。

カラーも、ナチュラル系でAQMを選択しました。

 

このゆっくりした誘いを、同じレンジで手前から遠くまで行い誘っていたら・・・・。

7時位に、ガツンとHIT!

 

完全にフラットの引き。

攻められまくった離岸流から、狙い通り低活性の魚を引きずり出しました。

 

 

ヒラメでした。

 

 

シュールスライドソルト AQMでヒット。

 

周りで全然釣れていない中での会心のHIT!!

やはり、低活性ながら魚は居ました。

 

それを釣り上げる、シュールスライドの力は強力です。

 

その後も、多少粘りましたが追加の見込みも薄い。

見極めて終了です。

 

 

僕は趣味でベイトタックルですが、遠投の効くスピニングの方が使いやすいかも。

 

ミノーや、メタルジグ、ワームも魅力的ですが、スプーンはそれらのルアーとは一味違った効果が十分あります

スプーンを使ったサーフでの釣り方が、まだまだ浸透していない現在、フィールドの状況によっては最適の釣り方にもなります。

 

更に、より効果的な釣り方を模索していきたいと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:SIMANO DIALUNA XR B906ML

リール:SIMANO 12EXSENCE DC

ライン:PE1.5

 

 

Surre Slide SALT 75 23g AQM

Surre Slide SALT 75_23g_AQM

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:290
最後に更新した日:2018/10/20

search this site.

others

mobile

qrcode