●AquaRise(アクアライズ)●フレッシュウォーター・ショア・オフショア…全ジャンルのフィッシュイーター達を仕留めるべく歩み続けます。



2019/6/25 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / hisa

アクアライズ フィールド テスター : hisa

 

こんにちは、遠州レディーアングラーハート

テスターのhisaです。

 

今日は休みで、6時前にサーフイン。
微風で程よい波なので、キャストもスムーズでした。


離岸流を探しながら、瀬周りを探って行きます。
アクションとしては、スローリトリーブに、時折りストップを入れる感じです。

 

キャストを繰り返していると、7時過ぎに小さな🎯がありました。

 

 

20190625_hisa_ヒラメ02

 


小ぶりながらも、ヒラメでした。

ヒットルアーは、シュールスライドソルトのFRHPカラー

 

その後も、キャストを繰り返しますが反応なく終了しました。

 

 

●使用タックル

ロッド:モアザン 9.7 
リール:ステラ 4000MHG
ライン:PE 1.0号
リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Salt 75 23g FRH

 

Surre Slide SALT 75_23g_FRHP

 

 

 

 


2019/6/24 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

少しまとまった休みが取れたので、今日(22日)から数日釣り三昧です。

  

22日の朝4時半に起きましたが外は雨。
一端寝てましたが7時に目が覚め、雨は上がっていたので近くのサーフに行って見ました。

  

海の状況は白い濁りがありベイトも確認出来ません。
先行者のルアーマンも8時には帰ってしまい、私も間もなく終了しました。

  

翌朝、23日はサーフが荒れそうでしたので、夕方に伊良湖方面に調査に行って見る事に。
17:00開始、周囲には泳がせ釣りの釣り人達が。

  

その内の1人の方が、良型ヒラメを既に釣っていました。
これは期待ができそうです。

  

しかし、マズメを迎えかけた18:30に雨が降りだして来ました。
今回は、雨具も用意してない事もありアタリもなくその日も終了。
梅雨の時期は、中々と厳しい日が続きます。

  

24日は、5時に起床。
またもや雨、天気予報通りでした。

  

6時半には雨は止んだので、先週に行ったサーフの様子を見に行きます。
時折少し高めの波は来ますが、濁りも大分とれていたのでやってみる事にしました。

  

周りはサーファー以外、釣り人は私1人。

久々に、ポイント独り占めです。

  

  

20190624_コーシャ_サーフ01

  

  

先週は、小型青物の反応がワンドで良かったので、今日もワンドから開始。
キャストして糸フケをとり、着低させてからミディアムリトリーブ

  

波でラインが喰われないよう、時折りロッドワークでラインコントロールをしながらリトリーブを続けること3投目。
手前のカケアガリより少し沖、20mぐらいの所でのヒット!!

  

  

20190624_コーシャ_ヒラメ

  

  

慎重に寄せて、無事ランディグ
肉厚なヒラメでした。

ヒットルアーは、シュールスライドソルトのFRHPカラー

  

その後、8時半まで投げ続けましたが、この後に所用もある事ので終了。

  

梅雨時で中々状況は良くない時が多いですが、海のコンディションが良い時もあります。
タイミングよく入る事が出来れば、良い思いができるかも。

  

皆さんも足を運んでみては如何ですか。
今日は、先週入手した梅酒でも開けながら、本日の釣果をつまみにまったりしたいと思います。

  

  

20190624_コーシャ_梅酒

  

  

  

  

●使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス バリスティック96

リール:ステラ4000XG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Salt 75 23g FRH

 

Surre Slide SALT 75_23g_FRHP

 

 

 

 


2019/6/14 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / アブコ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

6月は長期の出張で、釣りに行けない日々が続いています。

  

久々に浜松に戻ることができたので、夕方にサーフチェック。
海の状況は、まずまずのコンディション‼️

  

知り合いから、浜名湖内のベイト系の釣果状況も聞いたところ

結構、釣れているようです。

  

上記の話は一部分のお話になりますが、私はこんな感じで、色々と事前に状況確認、情報収集し、

今までの経験と照らし合わせながら、入るべきフィールドやポイントを選択しています。

  

翌日は、朝のうちは北東の風で、徐々に東寄りの風が強くなる予報。
ということで、朝イチを狙う事にしました。

  

当日は、4時半に目的のフィールドに到着。
6月にもなると、辺りは既に明るい。

  

  

20190614_コーシャ_サーフ01

  

  

狙っていたワンドには、先行者が2名入っていたので、少し離れて瀬から入ります。

少し涼しく、またスプーンも風に押されて気持ち良く飛んで行きます。

  

浅瀬でしたが、ベイトも確認出来て直ぐにでも釣れそうです。
しかし、中々アタリません。

  

瀬周りを少しずつ移動しながら投げ続ける事1時間半、
瀬からワンドに差し掛かった所で、アタリがあったがフッキングせず。

  

今日は、リアフックをトリプルフックにしているので、比較的にかけやすいはずがのらない。

  

直ぐにキャスト。
着水してスローリトリーブしていたらまたアタリ、しかしまたもやフッキングしない。

  

そのまま、3m程リトリーブしてストップ、フォール直後にヒット‼️

 

 

20190614_コーシャ_サーフ02

 

 

無事ランディング。

 

 

20190614_コーシャ_アブコ

 

 

あがってきたのは、アブコ(ブリの幼魚)でした。

ヒットルアーは、シュールスライドソルトのFRHカラー

  

そして、そのまま地合いに突入。

1時間程でアタリは無くなり、8時半頃には東風が強くなり釣りづらくなったので終了。

  

スローリトリーブの、ストップアンドゴーのストップ直後のフォールでのヒットでした。

  

しかし、合計で2桁ほどかかりましたが、キャッチできたのは7匹。

リアフックをシングルフックもしくは、ダブルフックにしていれば、キャッチ率が上がったかも。

  

魚が小くても、きっちりキャッチして行きたいと思う所です。

  

  

  

  

●使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス バリスティック96

リール:ステラ4000XG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Salt 75 23g FRH

 

Surre Slide SALT 75_23g_FRH

 

 

 

 


2019/5/12 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

5月前半からのサーフ釣行の近況レポートです。

 

5月2日は、少し遠征し、富士サーフへ青物調査へ行きました。
夕方からの開始でしたが、前日までの雨の影響があってか濁りがきつく厳しい状況。

難しいとは思いつつ、せっかく来たので暗くなるまでランガン!
しかし・・・アタリもないまま終了。
今回はコンディションが悪かったですが、晴れの日が続けば期待感高まるエリアですね。

5月11日は、遠州サーフ。
フィールド状況は、離岸流もありとても釣れそうでしたが
期待と裏腹に、残念ながら無反応でその日は終了。

 

翌日の5月12日は、前回のポイントを大きく移動。
4時半キャスト開始しましたが、6時半まで周りを含め、まったく釣れていません。

あきらめきれず、また別のへ場所移動。
前日とポイントは違いますが、同様離岸の良く効いた所があったので、まんべんなくキャスト。

 

ダメかなと諦めかけていた所に、手前のカケアガリで中層をスローリトリーブしていたら、何かしら触った様な?
直後、穂先が入ったので軽く合わせを入れた。

 

 

20190512_コーシャ_ヒラメ

 

 

シュールスライドソルト KISSカラー。

小型のヒラメでしたが、前日のノーバイトもあり、嬉しい一尾でした。

 

ヒラメは、撮影後にやさしくリリースしました。
今回は、このヒットで終了です。

 

 

●使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス96

リール:ステラ4000XG

ライン:PE1.0号

リーダー:20lb

 

 

Surre Slide Salt 75 23g KISS

Surre

 

 

 

 


2019/05/04 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / ヒラメ / hisa

アクアライズ フィールド テスター : hisa

 

こんにちは、遠州レディーアングラーハート

テスターのhisaです。

 

本日は、朝マズメに浜イン。

久々のサーフです。

 

程よい波があって、天気も良く釣り日和です。

 

シュールスライドソルト23gAQMをチョイスし

スローリトリーブで、キャストを気持ちよく繰り返ます。

 

6:30頃、瀬の辺りで小さな当たりがありました。

 

 

20190504_hisa_ヒラメ

 


可愛いヒラメさんでした。

 

その後は、暫くキャストしましたが反応なく終了でした。

 

 

●使用タックル

ロッド:モアザン 9.7 
リール:モアザン3012H
ライン:PE 1.2号
リーダー:20lb

 


Surre Slide SALT 75 23g AQM

Surre Slide SALT 75 23g AQM BRA

 

 

 

 


2019/4/30 フィールドテスター 釣行レポート : 天竜川水系渓流 / ブラウントラウト、イワナ、レインボウ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

待望の雨が降りました。

 

これは行くしかない!

という訳で、ホームの渓流に突撃してきました。

 

ただ、かなり降ったので増水量が気になるところ。

 

最悪、泥濁りで釣りにならないかも?

と心配しましたが、現地に着いたらようやく平水になったくらいの水量。

 

今までが、少なすぎたようです。

それでも、魚は高活性になったはず?

 

減水時に、岩の下に隠れていた魚が、餌を獲りに出ていることを期待して入渓です。

 

 

 

 

増水してもこの程度です。

 

今回のタックルは、スピンキャストタックル。

ノーマルでは使いにくいリールですが、ベアリング追加、ダブルピン化、ハンドル変更を行い、ストレス無く使えるレベルまで仕上げてある、スペシャルカスタマイズリールです。

 

キャスト方法は、左手でラインを摘んでキャスト時に離すダブルハンド方式。

左手でサミングを行えるので、精度が高いキャストも可能です。

 

最初のポイントでいきなりHIT!

 

 

 

 

小ぶりながら、ブラウントラウトです。

プロト2.8gでヒットです。

 

今回も、用意したプロトでの釣り。

アップでも投げることを考慮して、前回のダウン用よりスリムなボディーになっています。

 

降雨の影響でやはり高活性。

しかし、こういう時はやはりバラシも多い。

 

それでも、バイト数も多いので連続HITです。

 

 

 

 

尺超えのブラウンもHIT。

 

 

 

 

このサイズのブラウンは、活性が良く結構釣れました。

 

増水時の魚は、渕尻のカケアガリに着いていることが多く、淵頭を狙うために不用意に近づくと魚に気が付かれてしまいます。

ロングキャストで渕尻を攻めてから、更に奥を狙うという2段戦法で釣り上がります。

 

 

 

 

シュールスライドエリア1.8gアカキンで、ホウライマスがHIT!

 

シュールスライドエリア1.8gにも、魚が多く反応します。

シルエットが小さいので、魚が中々スレなく色んなコースを通すことが可能で、そこに魚が付いていれば高確率で反応します。

 

 

 

 

こちらも、シュールスライドエリア1.8gアカキンでヒット!!

イワナも居る川なので、希にレアなイワナ×アマゴのハイブリッドも釣れます。

けど、大きいのはまだ釣ったことはないなぁ。

 

 

 

 

またまた、シュールスライドエリア1.8gアカキンでヒット!!

もちろん、普通のアマゴも多く釣れました。

 

他の魚と比較して、アマゴは気難しい魚。

一度追うと、二度とルアーを追ってこないので一発勝負。

 

手前から順番に攻めるより、一回目にベストポイントにルアーを通さなけらばいけません。

一回目で釣れなければ、それ以降のキャストで釣れる魚は殆どアマゴ以外の魚です。

 

やがて、流れが細くなると見える魚も多くなります。

ちょっとした淵の尻に、大きめのレインボウを発見。

 

何度も、ルアーを通すも無反応。

仕方ないので、一気にロングキャストで淵頭の流れ込みに落とすとドカンとHIT!

 

更に大きなレインボウが着いていました。

なんとか堪えて、無事ライディング。

川が大きければ、簡単にいかないサイズです。

 

 

 

 

ネットに収まらないので、50センチ位はあったと思います。

(プロト2.8gでHIT)

 

しかし、不思議な川です。

このサイズの魚を、維持できる餌の量があるのが驚きですね。

 

さらに遡上を続けると、大岩の影から猛然とルアーを追う大きなシルエットが!

手前の浅瀬に遮られ、追いきれませんでしたが針に触れていないのでまだチャンスがある。

 

魚が出たポイントの更に奥にキャストして、十分にアピールさせて可能な限りスローに引くと、再び魚が飛び出しガツンとHIT!

岩の下に逃げられないように、注意しながら浅瀬に誘導して無事確保です。

 

 

 

 

45cmはありそうな、大岩魚でした。

(同じくプロト2.8gでヒット)

 

明らかに、釣ったイワナでは最大!

餌釣りタックルでは、無理なサイズです。

 

サイズ的には、先ほどのレインボウに負けますが、インパクトでは充分勝っています。

これを釣った所で、退渓ポイント。

 

釣れた魚は数知れず。

十分に楽しんだ釣りでした。

 

 

 

 

好条件なのに、僕しか居ないパラダイスでした。

 

今回も釣った魚は、全てリリース。

こういった小渓流では、逃がした魚が再び釣れる事もしばしば。

 

持って帰るのが悪いとは微塵も思わないし、別の川で餌釣りをする時は僕も持って帰ることもあります。

 

でも、この川では次も楽しめるようにリリースしています。

何といっても、色んなトラウトが釣れる貴重なフィールドですから。

 

 

●使用タックル

ロッド:メジャークラフト トラウティーノベイトモデル 4.5f
リール:ダイワ スピンキャスト80とのりんカスタム
ライン:ナイロン6lb

.

 

 

Surre Slide AREA 23 1.8g アカキン

シュールスライドエリア23_アカキン title=

 

 

 

 


2019/4/21 フィールドテスター イベントレポート : 岐阜県 長良川 / hisa コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : hisa

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、遠州レディーアングラーハート

テスターのhisaです。

 

今日は、岐阜県の長良川クリーン大作戦にテスターのコーシャさんと参加してきました。

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_パンフレット

 


サツキマスのシーズンに入る前に行われる恒例のイベントで、第10回目を迎えます。

今年も、多数の参加者がいらっしゃいました。

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_掃除の様子01

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_掃除の様子02

 


1時間のゴミ拾いで沢山のゴミが回収出来ました。

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_掃除の様子03

 


終了後、ジャンケン大会があり協賛者様より各景品が提供されました。


私はというと・・・モチロン!ジャンケンは勝てませんでした。

 

 

そして、クリーン大作戦が終わったあと、

愛知県一宮市にある中華そば屋、華丸さんに寄りました。

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_食事(中華そば屋 華丸)01

 

 

私は味玉ラーメンと、稲荷寿司を注文!

 

 

20190421_hisa_長良川クリーン大作戦_食事(中華そば屋 華丸)02

 

 

チャーシューと、味卵が特に美味しかったです🎵


清流 長良川のサツキのハイシーズンに、今年も釣行に行きたいと思います。

 

以上、イベント参加レポートでした。

 

 

 

 

 


2019/4/20 フィールドテスター 釣行レポート : 天竜川水系渓流 / アマゴ / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

 

いよいよ、渓流ルアー釣りもシーズンインした4月半ば。

前回思うように釣りにならなかったので、次の週も同じポイントに行ってみました。

 

降雨が無い為、川は前回より更に水位が下がっています。

マスマス厳しい釣りになるかも?

 

予想していた通り、全然釣れない。

それでも、下流側のボサの下を目掛けてキャスト後、ゆっくり引いてくるとガツンと!

きましたがフッキングせず。

 

結局、何も釣れないまま釣り登っていると上流から餌釣り師が。

なんでも早朝から入って、ひとしきり釣ってきたらしい。

魚籠には大量の魚が・・・・。

 

年券買っての釣りなので、何も言えませんが必要以上にキープしなくても・・・。

暫く先まで釣れる気がしない。

 

仕方ないので、更に上流に移動。

ルアーのメリットでもある、ロングキャストからの広範囲を探る釣り方でようやくHIT!

 

 

 

 

23Cmちょっとはありそうなアマゴでした。

ヒットルアー シュールスライドエリア1.4gアカキン

 

僕は、また釣りたいのでリリース。

結局この後は何も無し。

 

渇水気味だし、魚もスレ気味で釣れる気がしません。

適当な場所まで粘って終了です。

 

 

 

 

条件が悪くて、何も良い所無し。

 

せめて、水量だけでも戻ってくれれば

この悪条件も、覆すことができるのですが・・・。

暫く辛抱です。

 

 

●使用タックル

ロッド:メジャークラフト ファインテール3.8f
リール:シマノ ナスキー500
ライン:ナイロン6lb
 

 

Surre Slide AREA 23 1.4g アカキン

シュールスライドエリア23_アカキン title=

 

 

 

 


2019/4/14 フィールドテスター 釣行レポート : 天竜川水系渓流 / ブラウントラウト / とのりん

アクアライズ フィールド テスター : とのりん

 

こんにちは、フィールドテスターとのりんです。

ようやく水温も上がり始めた4月中旬、ホームリバーへとルアーアタックに行ってきました。

 

川は渇水気味で、平水の7割程度かな?

活性が低いのが予感できます。

 

こんな時は、シルエットの小さなシュールスライドエリアで、出来るだけナチュラルに流す釣りが有効

流れより、若干早いスピードで中層のポイントをタイトに通します。

 

しかし、キャストを繰り返してもアタリは無し。

チェイスすら無し。

 

どうしたものかと思っていると、上流側から釣り下ってくる餌釣り師発見。

これは釣れない訳だ。

 

仕方ないので、一度、川から上がって上流に移動します。

しかし、更に2人の餌釣り師・・・・

 

これは、河川を変えるしかないかなぁ。

 

それでも、下流側にも幾つか巡れるポイントがある。

初めに堰堤下のポイントに移動。

 

下のプールを丁寧に探るも、やはり何もなし。

次に、堰堤上のプールを攻めます。

 

殆ど止水域のポイント。

こういった場所の魚は、活性が低いので中々食わない。

 

大きなルアーの派手なアクションでは魚は出にくいですが、

シルエットの小さいシュールスライドエリアトリッキーな動きで、魚の喰いのスィッチ一瞬入れることが出来ます。

 

キャスト後、一回十分に沈めて早いリーリングで一気に引いてくるとドカンとHIT!

 

 

 

 

尺前後のブラウントラウトでした。

シュールスライドエリア アカキン1.4gでHITです。

 

こういった止水域は、ブラウンとレインボウなら比較的出やすいですね。

アマゴだと中々釣れません。

 

何とかボーズ免れ一安心。

ここで、前日までに用意したシュールスライドプロトにチェンジ。

渓流のダウンストリーム用に制作した、薄いボディーで幅もある3.5gモデルです。

 

水深の浅い広い瀬を探る為に造りました。

薄型幅広ボディーは、底を切って派手目に動きます。

 

ボサの下の暗い場所を、ロングキャストで撃ってゆっくり巻いてくると再びドカンとHIT!

 

 

 

 

再び、ブラウントラウトです。

先程より若干サイズアップ。

 

立て続けに、2本出たのでもう十分。

ほかの河川に移動するのも面倒になり、魚をリリースして終了です。

 

しかし、去年は殆ど人が居なかった我がホームも、今シーズンは人多め。

資源が少なくならねば良いですが・・・・。

 

 

 

 

シーズンはまだ始まったばかりです。

.

 

 

Surre Slide AREA 23 1.4g アカキン

シュールスライドエリア23_アカキン title=

 

 

 

 


2019/1/18 フィールドテスター 釣行レポート : 遠州灘サーフ / シーバス / コーシャ

アクアライズ フィールド テスター : コーシャ

 

こんにちは、フィールドテスターのコーシャです。

今年初のレポートとなります、本年もよろしくお願いします。

 

年始から仕事で長期の出張が続き、浜松を離れ、なかなかサーフに行けない日々が続いていました。

 

久々に浜松に戻り、17日の朝にサーフの様子をチェック。

すると、近くのルアーマンが良型のヒラメ2枚、コチ1匹を釣り上げていました。

 

釣友より、最近のサーフは渋い状況が続いていると聞いていましたが、この様子を見てテンションアップ!

しかし、本日は早々に出勤する必要があり、後ろ髪を引かれつつ会社に向かいます。

 

その日の夕方、会社から戻る途中、明日の為にもう一度同場所をチェック。

波打ち際に、鳥山が出来ていて時折差しています。それも広範囲に、何ヵ所も鳥山が‼️

しかし、本日はノータックル、様子を見守るしかありません。

 

ルアーマン4名ほどが散らばっていて、その内の1人が丁度釣り上げてます。

近くに行ってみると80cm近いワラサでした。

 

早速、釣り上げた方に状況を聞きます。
すると、16時頃から急に小魚と鳥がざわつき、周りのルアーマン達は高確率でワラサをキャッチしていたとのお話でした。

 

翌日の18日の朝マズメ、昨日の様子を見ているので到着前から期待が膨らみます。

出勤前なので短時間勝負のサーフイン。

 

しかし、フィールドは状況が一変し、鳥もいませんし、ベイトの気配もありません。

結果、私も含め、周りにいたルアーマンの方々も全く釣れませんでした。


昨日のパターンを考えると、夕方に地合いがある可能性が・・・

夕方も仕事を終えて、同場所に行ってみます。

 

ちょうど、サーフインしていたhisaさんに状況を聞きます。

16時に地合いがありイナダサイズをかけるも、残念ながらバラシてしまったとの話。

 

今にも日が暮れそうな時間帯なので、とにかく急いで投げたい所。
でも、鳥山は400mほど離れた東側の瀬の少し沖にしかいません。

 

少し迷いましたが、結局、早歩きしてそこに移動する事に。
超特急で準備したので、ルアーは シュールスライドサーフ33g FRHP を1つのみ、ウエイダーを履かず長靴です。

 

移動後、キャスティングを続けること10分、早めのリトリーブでヒット!

 

結構すんなり抵抗少なく巻けてきます。
青物ではないかも・・・

 

 

20190118_コーシャ_シーバス

 

釣れたのは、シーバス。
本命の青物では無かったのが、ちょっと残念でした。

 

もう少し続けたい気持ちもありましたが、この後は所用がありタイムアップ。

また、時間を見つけてリベンジしたいと思います。

 

 

●使用タックル

ロッド:ウエダシューティングシャフトボロン96

リール:ステラSW4000XG

ライン:PE2.0号

リーダー:30lb

 

 

Surre Slide Surf 105 33g FRHP

Surre Slide Surf 105 33g FRHP

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

全国天気予報

最新の記事

categories

archives

links

profile

書いた記事数:320
最後に更新した日:2019/06/26

search this site.

others

mobile

qrcode